カリフォルニア州、マウンテンビュー–()–(ビジネスワイヤ) —
inDriveは、世界46か国で展開しているグローバルなモビリティおよび都市サービス・プラットフォームです。data.aiによれば、2023年には2年連続で世界で2番目に最もダウンロードされた配車サービス・アプリの地位を維持しました。また、旅行カテゴリーにおいて世界で4番目に最もダウンロードされたアプリとして素晴らしい節目を迎えました。

data.aiによれば、Google PlayおよびApp Store(中国はiOSのみ)のデータに基づく2023年におけるinDriveアプリの総ダウンロード数は、6,660万件でした。

inDriveは、中核のライドシェアリング・サービスを新しい地域に拡大しつつ、貨物、宅配便、B2Bデリバリー、さらには都市間ライドや便利屋サービスなどを含む新たなサービスを追加し、堅調な成長を遂げています。2023年には、アメリカのマイアミおよびサウスフロリダ地域を含む複数の新エリアでサービスを開始しました。

急速に拡大しつつも、独自のピアツーピアの価格設定モデルを活用して、inDriveは乗車客にお手頃価格の交通手段を提供し、ドライバーに公平な収益機会を提供することで社会的不正義に立ち向かうという大きなミッションにコミットしています。また、排出量の削減を目指し、様々な地域で電動バイクを貨物として追加し始めています。

inDriveの創業者兼CEOであるアーセン・トムスキーは次のように述べています。

「私たちは、inDriveが世界で2番目に最もダウンロードされた配車サービス・アプリとしての地位を維持できたことを喜んでいます。これは私たちのチームの素晴らしい努力と、ユーザーが私たちに寄せてくれる信頼の表れです。inDriveの大きなミッションは社会的不正義に立ち向かうことであり、運営しているエリアのコミュニティの人々に信頼できるモビリティ・サービスを公正な価格で提供し、実際の収益機会を創出することにコミットしています。この節目を祝う一方で、私たちはinDriveの成功は単なるダウンロード数だけでなく、コミュニティと世界全体に与える影響度で測るものであることを忘れません。」

data.aiによれば、inDriveはまた、パキスタン、コロンビア、エジプト、ペルー、モロッコなどの13か国で最もダウンロードされた配車サービス・アプリでした。

inDriveについて

inDriveは、アメリカのカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置くグローバルなモビリティおよび都市サービス・プラットフォームです。inDriveアプリは2億回以上ダウンロードされており、2022年および2023年の2番目に最もダウンロードされたモビリティ・アプリでした。配車に加えて、都市間輸送、貨物デリバリー、タスク・アシスタンス、宅急便、B2Bデリバリーなど、どんどんリストを拡大して都市サービスを提供しています。

inDriveは46か国以上で展開しており、ピアツーピアの価格設定モデルとコミュニティのエンパワーメント・プログラムを通じて地元のコミュニティをサポートしており、これにより教育、スポーツ、芸術と科学、ジェンダー平等などの重要なイニシアチブを推進しています。

詳細についてはwww.inDrive.com をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

source