ロンドン–()–(ビジネスワイヤ) —
AI主導のコンプライアンス・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるBehavoxは、本日、Behavox Intelligent Archiveの発売を発表しました。この新しい製品は、WORM(Write Once, Read Many)に準拠しており、市場をリードするBehavox監視製品とシームレスに統合されています。

Google Cloudとのパートナーシップにより開発されたBehavox Intelligent Archiveは、比類のないセキュリティ、拡張性、最先端技術へのアクセスを提供します。わずか数秒でアーカイブ全体を検索できる、市場初のアーカイブソリューションとして際立っています。

Behavoxインテリジェント・アーカイブにジェネレーティブAI(genAI)が追加されたことは重要なイノベーションです。お客様は初めて、genAIを使用して非構造化データから貴重なビジネスインサイトを抽出することができます。Behavox Intelligent Archiveは、顧客のデータを完全に理解するだけでなく、すべての非構造化コミュニケーションデータと対話するための会話型インターフェースを提供します。これは単なる規制アーカイブではなく、AIと共に、またAIのために設計された最新のデータレイクであり、企業が競争力を高めるために自社のデータを活用することを可能にします。

AI機能をさらに強化するために、Behavox Intelligent ArchiveはGoogle Cloud Vertex AIと簡単に統合できます。この統合により、顧客はGoogle Cloudの堅牢なインフラストラクチャを使用して最先端のAIモデルを構築し、展開するためにデータを活用することができます。

Behavox Intelligent Archiveは、音声やテキストメッセージを含む、市場で最も広範なデータアダプタをサポートしています。これは、世界的にこれらのデータタイプに対する規制が強化される中、特に重要なことです。

BehavoxのCEOであるErkin Adylovは、「これはBehavoxにとって誇らしい瞬間です。私たちはアーカイブ機能を大幅にアップグレードしています。過去の栄光に安住することなく、私たちは絶え間なく、大胆不敵に改善を追求しています。」と語りました。

ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズのマネージング・パートナーであり、Behavoxの取締役である佐々木陽介氏は、「データはAI革命の核心です。しかし、そのインパクトを最大化するためには、データは安全で、複数の企業アプリケーションにまたがって拡張可能でなければなりません。Behavox Intelligent Archiveにより、企業は最も価値のあるデータを競争優位のために活用することができます。

Behavox Quantumをご利用のお客様には、Behavox Intelligent Archiveがライセンスの一部として提供されます。

Behavox Intelligent Archiveの詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

source