パリ–()–(ビジネスワイヤ) —
業界をリードするエンタープライズ・グレードのステーキングプラットフォームであるキルンは、1700万ドルの資金調達ラウンドが終了したことを発表しました。本調達については、1kxの主導によりIOSG、Crypto.com、Wintermute Ventures、KXVC、LBankが参加し、さらに既存投資家からの拠出も受け実施されました。調達資金は、キルンのグローバル展開(2024年第1四半期にシンガポールにアジア太平洋本部を開設することによるアジア太平洋部門の拡大等)のほか、DeFi内の様々な報酬メカニズムを包含するプラットフォームを拡大するために必要となる製品開発に使用される予定です。

キルンのホワイトラベル・ステーキング・テクノロジー・プラットフォームは、複数のアプリケーションを持つステーカー、ノードオペレーター、インテグレーターを集め、直近12ヶ月の間で着実に成長してきました。サービス開始以来、キルンは市場最大のステーキングプラットフォームの1つとして確固たる地位を築いており、Ratedによると、現在イーサリアムのバリデータノードにおける最大のオペレーターとなっています。キルンは一流のカストディソリューション、ウォレット、取引所を含む様々なオペレーターやインテグレーターとの統合を成功させ、昨年だけでステーク運用残高を5倍以上増加させています。

2023年後半、キルンはLedger Live、Crypto.com、コインベースと提携し、ステーキングプールサービスを提供することにより、すべてのETH保有者がその保有残高に関わらずステーキングにアクセスできるようになりました。あらゆる人々に最大限開かれた環境を提供するというキルンの使命に従い、これら直近の統合により、引き続きデジタル資産エコシステムにおける価値創造へのアクセスを拡大していきます。

「今回のニュースはエンタープライズ・グレードのステーキング・プラットフォームを成長させるという当社のコミットメントを実証するものです。一流のデジタル資産投資家に参加いただき、当社の目標達成を後押ししてくれることを嬉しく思います。当社の使命は、デジタル資産エコシステムにおける価値創造を民主化し、当社のプラットフォームを通じて何百万人ものユーザーが簡単に報酬にアクセスできる手段を提供することです。当社にはエキサイティングな製品ラインナップに加え、今後シンガポールオフィスを開設するといった拡大計画があります。今回の発表は、一連のエキサイティングな展開の始まりを意味しています」と、キルンの最高経営責任者(CEO)兼共同創設者であるLaszlo Szaboは述べています。

「金融機関は、顧客に代わってステーキングを行うことで、巨大な市場機会を活用し、暗号資産に強い影響力を与える存在になるでしょう。キルンは最も包括的で安全かつ洗練されたステーキング・アズ・ア・サービス・ソリューションを提供し、業界のリーダーとして頭角を現わしています。当社は、世界中の人々がステーキング・ソリューションにアクセスすることを可能にしたLaszloと彼の優れたチームをサポートできることを嬉しく思います」と、1kxの共同設立者であるクリストファー・ヘイマン氏 は付け加えています。

「当社は起業家として、特にフランスのような長期的なコミットメントを持つ市場に拠点を置く場合には、重要な分野において将来性が高く、大きな影響力を持つ企業を常時積極的に探し、サポートしています。DeFiウォレットにプールステーキング機能を立ち上げるにあたり、キルンは当社にとって理想的なパートナーでした。チームとしての実績やエンタープライズ・グレードのインフラを構築するアプローチに当社は感銘を受けました。そしてプールステーキング機能立ち上げにおいて共に働くだけでなく、今回の資金調達ラウンドで長期的なパートナーとなり、事業に投資する自信を与えてくれました」と、Crypto.Comの社長兼最高執行責任者(COO)であるエリック・アンツィアーニ氏は述べています。

今回のニュースは、9月に発表されたコインベースクラウドがキルンのオンチェーン・プラットフォームを自社の製品に統合したことに続くものです。これによりコインベースクラウドは、統合に必要なエンジニアリングの労力を最小限に抑えながら、オンチェーンでの部分的なETHステーキング機能を顧客に提供できるようになりました。

サービス立ち上げ以来、キルンはIlluminate Financial、Kraken Ventures、Avon Ventures、Consensys、GSR、Leadblock Partners、Sparkle Ventures、XBTOといった様々な主要な暗号投資グループの投資家から総額3500万ドルを調達し、既存の投資家である3KVC、Blue Yard Capital、SV Angel、Alvenなどからも追加で資金調達を行っています。

キルンについて

キルンは業界をリードするエンタープライズ・グレードのステーキングプラットフォームです。当社は機関投資家による資産のステーキングや、ステーキング機能をホワイトラベル化して自社の商標の下で利用することを可能にしています。キルンはすべての主要なPoS(プルーフ・オブ・ステーク)ブロックチェーン上でバリデータを稼働させ、40億ドル以上の暗号資産をプログラムによりステーキングし、イーサリアムネットワークの4%以上をマルチクラウド、マルチリージョンのインフラ上で稼働させています。キルンはまた、バリデータの自動デプロイ、レポート作成、手数料管理のためのバリデータに依存しない製品を提供し、カストディアン、ウォレット、取引所がプロバイダー間でステーキング業務を合理化できるようにしています。キルンはSOC2 Type2認証を受けています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

source